Event is FINISHED

今日と明日をつなぐ冒険~『生きる冒険地図』出版記念イベント

Description
『生きる冒険地図』(文と絵 チアキ)完成・発売と展覧会開催を記念して、「精神障がいや心の不調、発達凸凹を抱えた親とその子どもを応援する」必要性を知り、彼らをみんなで応援する社会づくりの冒険に一緒に歩きだすための交流イベントです。みなさまのご参加をお待ちしています。


開催概要



日時
2019年6月1日(土) 
開場17:30 *サイン会あり
開演18:30 〜20:30

*終演後はギャラリー鑑賞、物販の時間が十分とれませんので開演前にお願いいたします、時間にゆとりをもってお越しください


会場
カフェスロー 
東京都国分寺市東元町2-20-10
国分寺駅南口より徒歩5分  

*展覧会「子ども×チアキ×ぷるすあるは」も開催中です(5/24-6/5)


チケット
前売 3,400円(税込) 『生きる冒険地図』1冊・ワンドリンク付 *申込締切ました
当日 3,900円(税込) 『生きる冒険地図』1冊・ワンドリンク付 *若干数あります、直接会場へお越しください

*託児はありません、小学生以下の子どもは無料です
*定員60名・先着順
*チケットに含まれる「生きる冒険地図」は教育機関・児童福祉機関などへの献本にすることもできます(ぷるすあるはから贈ります、当日受付でお声かけください)
*「生きる冒険地図」ポストカードつき

主催
NPO法人ぷるすあるは+アルハの仲間たち

*協賛:FIT チャリティ・ラン


開催にあたって
精神障がいやこころの不調、発達障がいをかかえた親とその子どもを応援するぷるすあるはから『生きる冒険地図(学苑社)』が刊行されることを記念して、ぷるすあるはチアキの作品展示と即売会、および、アルハをとりまくいろんな仲間の凸凹トークイベントを開催します。 子どもたちのしんどさについてのちょっと真面目なお話に、チアキの『生きる冒険地図』の話、動画『親が精神障害、こどもはどうしてるの?』の制作秘話、そして、応援ソングのミニライブも。 ヒントやアイデアや元気に出会える、もりだくさんの2時間です! 

*アルハはぷるすあるはのサイト・動画のナビゲーターのネコです


プログラム(予定)



17:30 開場・受付開始

ギャラリー鑑賞、グッズ販売、動画上映、食事、サイン会
*チアキのサイン会を行います(17:45-18:15頃)
*カフェで食事をオーダーできます(食事代は別です、オーダーしなくても構いません、開演時がラストオーダーです、飲食の持ち込みはできません)
*ギャラリー・販売は11時から行なっています

18:30 開演

前半
ごあいさつ 
冒険前のこころえ  たのなか先生のまじめなお話
冒険のはじまり   チアキの『生きる冒険地図』の話
ひとやすみ(ドリンクラストオーダー)

後半(19:30頃-)
凸凹冒険トーク 動画撮影&制作うらばなし(チアキ+たのなか+センセ+宮原+内田)
質問タイム
キャンプファイアー (絵本朗読×avinylgirlによるミニライブ)
そして冒険はつづく(クロージング)

 

出演者


・チアキ(細尾ちあき・ぷるすあるは)     

看護師。精神科ひとすじ。ぷるすあるはでは全てのイラスト、絵本のお話と絵を担当。新刊「生きる冒険地図」の作者であり、今回展示する絵画作品も描いています。自身も凸凹もち。「子どもの頃は家のなかはいつもドタバタしていました。看護師として仕事をしていくなかで、いろいろな事情の中でがんばっているたくさんの子どもたちに出会いました。どうしたら、ちょっぴり安心した時間が作れるか、子どもたちといっしょに考えてきました。」


(過去の展示会で作品を前に話をするチアキ)


・たのなか先生(田野中恭子・佛教大学看護学科教員)

精神障害者の家族、特に子どもを対象に支援・研究を行っています。京都の「精神障害の親をもつ子どもの集い」に参加して7年。日本の子どもや学校の現状、海外の取り組み等をNHK「視点・論点」をはじめ様々な機会で紹介し、どのようにしたら親子が少しでも安心できるのかを皆さんと考えてきました。近々、子ども&大人向けの絵本出版に向けてクラウドファンディングを始める予定です。

・センセ(木伏広明・元小学校教員)

チアキの小学5-6年生の担任。教室の後ろに、文房具などが入った誰でもいつでも使っていいボックスを準備してくれてました!忘れ物で怒られる心配がないってすごくホッとしていたのを思い出します。ぷるすあるはの活動を始めてから連絡をとり、何十年ぶりかに再会しました。


クリエーターチーム

動画「親が精神障害 子どもはどうしてんの?」https://kidsinfost.net/pv/(2018、PVプロボノ)の制作メンバーです。今回のイベントをいっしょに企画・運営します。リーダーは宮原さん(通称魔女)。

・宮原契子

クリエイティブディレクター:広告会社からNGOに転職した魔女系クリエイター。NGOで宣伝広告を担当する傍ら、プロボノ活動としてNPOの動画制作やマーケティング支援も

・内田英恵

映画監督/映像ディレクター:代表作に『動かない体で生きる私の、それでも幸せな日常』(2010年look&roll国際映画祭(スイス)特別賞受賞)、長編ドキュメンタリー映画「あした生きるという旅」(SKIPシティアワード受賞)、「世界は布思議~布のおはなし~」など

・藤木和人

作編曲家/ミュージシャン/音楽系エンジニア。子ども、障害者、地域支援等での音楽活動や録音・企画協力

avinylgirl https://avinylgirl.com/

・川嶋成美(Vo.) 佐藤信二(Gt.)須藤あきら(Ba.)高橋洋祐(Perc.)

動画「親が精神障害 子どもはどうしてんの?」で使われている音楽は、川嶋成美さん作詞作曲の歌「はなむけ」のアレンジ。当日は、チアキの朗読との“セッション”に加え、「はなむけ」などのオリジナル曲を演奏してくれる予定です。


(動画のメッセージ「子どもたちを気にかける」)


新刊「生きる冒険地図」


著・プルスアルハ / 文と絵・細尾ちあき
本体1,300円1,200円+税(予定)/ A5判・48ページ
学苑社より5月下旬出版予定

*さまざまな事情のなかで頑張って1日を生きている子どもたちへ、知恵と工夫を届ける本です。全ページがチアキの手描きによる書き下ろし。
テーマ:自分をたすけてくれるアイテム/ごはんを食べる/学校生活/家族へのキモチはいろいろ/じぶん家観察/大人を見つける冒険/子ども時間を作る知恵と工夫/きょうだいのことでSOS/SOSを出したらどうなるか/性もいろいろ/冒険していると迷子になるときがある/自分の体調を知る/こころと脳の不調/役所と相談できる場所や電話/ひみつの地図 ほか


(生きる冒険地図より。子どもが子どもの時間でいられるために。5/30発売前に重版が決まりました!)



展覧会「生きる冒険地図ー子ども×チアキ×ぷるすあるは」


会期 2019年5月24日(金)〜6月5日(水)
月曜定休日
時間 11:00-18:00(ギャラリー営業時間)
キュレーション&ディレクション|
一般社団法人Art InterMix(AIM)・一般社団法人Get in Touch
中津川浩章(美術家・一般社団法人AIM代表)
東ちづる( 女優・一般社団法人Get in touch代表)
公式ページ https://kidsinfost.net/irumiru-exhibition/


(1mをこえる大作の描きおろしから、ハガキサイズのドローイングまで、バラエティに富む約50点の作品を展示します。作品の販売もあり。写真はおよそ30cm四方のキャンバス。アクリル絵の具が主)


*6/4(火)夜 中津川浩章さん×東ちづるさん(予定)×チアキのトークも行います

みなさまの参加をお待ちしています!

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#439624 2019-06-01 04:01:04
More updates
Sat Jun 1, 2019
6:30 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
前売券 「生きる冒険地図」一冊・ワンドリンク付 SOLD OUT ¥3,400
Venue Address
国分寺市東元町2丁目20 Japan
Organizer
ぷるすあるは
92 Followers
Attendees
48